ガスでお腹が張って辛い方必見 原因と対策

お腹にガスがたまって辛い!! という方は最後までお読みください。

☑ガスが溜まってお腹が張る
☑ガスが溜まって食欲が出ない
☑ガスが溜まってオナラが・・

こんな症状ありませんか?

お腹にガスが溜まることをガス溜まりといいますが、ただガスが溜まるだけ、と思わないようご注意下さい。

お腹にガスが溜まり続けると、腸の病気の原因にもなります。

腸の病気を予防するためにも、ガスが溜まらない身体づくりを心がけましょう。

この記事では、ガスが溜まる原因とその対策をお伝えさせていただきます。

ガスが溜まる原因と対策

原因①:早食い

時間がない方は、ついつい早食いになってしまいますよね。早食いやおしゃべりをしながらの食事は、食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまいます。

対策:1口20〜30回噛む

早食いの対策は、当然、ゆっくり噛むことです。目安は一口に20〜30回。慣れるまでは顎が疲れてくると思いますが、ゆっくり噛むことを習慣化するだけで、お腹の状態は随分とかわります。

原因②:ストレス

ストレスが溜まってくると、自律神経が乱れます。自律神経の乱れてくると、腸の運動が低下します。

この腸の運動のことを蠕動運動(ぜんどううんどう)と言いますが、この動きが低下することによって、ガスを排出することができなくなってしまい、腸内のガスが溜まりやすくなる原因になります。

対策:日々の入浴がオススメ

自律神経のバランスを整えるためには、生活習慣を見直すことです。まずは運動・睡眠・食事のバランスをまず見直してみましょう。

運動不足だったり、睡眠不足だったり、栄養バランスが偏ってはいませんか? まずできることからで良いので、身体によいと思われることを始めてみましょう。

私がオススメしているのは、入浴です。シャワーではなく、しっかりと湯船に浸かりましょう。入浴しリラックスすることで副交感神経が働き、自律神経が整います。

シャワーで就寝、入浴で就寝では、睡眠の質も大きく異なります。1分でも早く寝たいからシャワー、という気持ちも分かりますが、シャワーよりも入浴したほうが翌日の疲れを軽減できます。

 

原因③ 猫背

長時間のデスクワークやスマホやゲームなど、日常生活で猫背になってしまう機会はたくさんあります。

実はこの猫背が腸を圧迫してしまい、腸の動きを妨げている原因になっています。

 

対策:胸とおへそを離す

胸とおへそを近づけようとして見てください。身体が丸くなりますよね。逆に離そうとしてみてください。身体がまっすぐになると思います。このまっすぐな姿勢が腸に負担をかけない姿勢です。

パソコンやスマホを触っている時、多くの方が胸とおへそが近づいている状態です。胸とおへそが近づいたら、離すように意識しましょう。

まとめ

ガスが溜まる原因はこのような日頃の生活習慣からくることがほとんどです。身体への意識を変えていくことによって、ガスの張りは減っていきます。

しかし、長期間、ガスが溜まり続け、また痛みを伴う場合は、 何らかの病気を患っている可能性があります。少しでもおかしいと感じるようなら、病院での検査をオススメします。

当サロンでは、腸を優しくマッサージして腸の運動機能を高め、姿勢改善ための施術も行っております。ガスが溜まって辛いという方、お気軽にご相談下さい。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
加藤仁基(KATO HIROKI)

加藤仁基(KATO HIROKI)

大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。 身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。 2013年7月「Cocokara」OPEN。 1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。 『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA