なんだか元気が出ない・・原因は腸のコリ!? 腸セラピストがお伝えする腸のコリチェック法  

 

この記事を書いている人 - WRITER -
加藤仁基
大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。 身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。 2013年7月「Cocokara」OPEN。 1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。 『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、こんにちは。
名古屋の腸専門サロンCocokaraの加藤仁基(ひろき)です。

今回は、ストレスを抱えながら慢性的な身体や心の不調を抱えている方に、是非、読んでいただきたい記事です。

ストレスが溜まり続けると腸が硬くなってしまうのは知っていますか?

硬くなった腸はコリへと変わり、その「腸のコリ」が様々なカラダのトラブルの原因です。

肩や腰がこるのは実感として分かるんですが、腸もこるんですか?

Aさん

もちろんです! 腸は次の流れでこってしまいます。

加藤

 

ストレスが溜まる
腸の動きが悪くなる
腸の血流が低下
腸が冷え、硬くなる。
腸が凝る
トラブル発

腸のコリがもたらすトラブル

身 体 の お 悩 み

 慢性的な便秘に悩んでいる
 むくみ・冷え性がつらい
 生理痛・PMSがつらい
 慢性的な腰痛に悩んでいる
 お腹の張りが気になる

こころのお悩み

☑つい自分を責めてしまう
☑なんとなく元気が出ない
☑自分が好きになれない
☑ちょっとしたことで、落ち込んでしまう
☑自分を変えたいのに、なかなか変われない

その腸のコリをほぐせば、慢性的な身体や心の不調ともサヨナラでき、病院や薬、サプリに頼ることなく、毎日、充実した生活を送ることができます。

ここでは、腸の仕組みと腸のコリのチェック方法を分かりやすくお伝えいたします。

 

腸内環境と腸内フローラ

腸と聞くと、最近では、「腸内フローラ」という言葉を耳にされたことはあるのではないでしょうか? この「フローラ」という言葉は本来「花畑」を意味しています。

私たち人間の腸内には、多種多様な細菌が生息しています。

特に小腸から大腸にかけて、これらの様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面に存在しています。

腸内に住む細菌(腸内細菌)は約100兆個~1000兆個と言われており、腸内細菌だけで重さ1.5kg~2kgにもなります。種類で言うと300種類ほどあるとされています。

 

顕微鏡で腸の中を覗くと、それらはまるで植物が群生している「お花畑([英] flora)」のようにみえることから、『腸内フローラ』と呼ばれるようになりました。

さて、そもそも、みなさん、小腸、大腸と聞いて、身体のどこにあって、どういう働きをしているか知っていますか?

 

 

 腸とは!?

「腸」には小腸大腸の2つがあります。小腸は、お腹の真ん中あたりにあり、食べた物の栄養を吸収してくれるところ、縮んだ状態では、約3〜4メートル、伸ばしてみると、6〜7メートルにもなります。

大腸は、その小腸を取り囲むようにあって、食べ物のカスや老廃物を便として出してくれるところで、1.5メートルになります。

 

私たちの身体の中には、小腸、大腸を合わせると6メートル近くにもなる長い管が入っております。広げた表面積は、テニスコート一面分になると言われています。こんなに長いモノが、体の中にギュッとおさまっているんです。

これらの腸があなたが仕事している間も遊んでいる間も年中無休でお腹の中で、「消化」「吸収」「排泄」といった役割を休みなく、働き続けてくれています。

 

つながっている腸と脳

近年では、消化、吸収、排泄といった働き以外にも、腸と脳はつながっているとされ、腸は「第2の脳」と注目されています。

腸と脳は無関係というわけではなく自律神経を通して密接に関係していて、この関係性を「腸脳相関」と言います。

緊張した時にお腹が痛くなってりするのも、脳と腸がつながっている証拠ですよね。

 

そして、逆に腸が脳に及ぼす影響も大きく、腸内で分泌されるホルモン(セロトニン)が身体や心に大きな影響を及ぼしていることが科学的にも証明されつつあります。


このセロトニンが不足すると私たちは不安を感じたり、精神的に不安定になります。実はこのセロトニン、実はその9割以上が腸で作られているのです。

 

そのためセロトニンは「幸せホルモン」「ハッピーホルモン」「幸福物質」とも呼ばれています。これが分泌されることで安らぎを感じることが出来るのです。

逆に言うと、腸内環境が悪化しているとストレスを感じたりうつになりやすくなってしまうということなのです。

 

腸のトラブルって、便秘だけかと思っていました。

Aさん

実は、メンタルにも大きな影響を与えているんですね。実際、ご来店される方でメンタルの不調を訴える方は、腸がカチコチに硬くなってしまっている人多いんですよ

加藤

 

 

 腸の弱点はストレス!!


腸は、毎日頑張ってくれる一方で、実はとてもナイーブで繊細食べ過ぎ飲み過ぎ睡眠不足などによって、すぐにダメージを受けてしまいます。その腸の一番の天敵は、ストレスです!!

 

 腸は副交感神経の時に活躍

腸の調子をコントロールしているのは「自律神経」。自立神経には、「交感神経」「副交感神経」の2つがあります。

 

交感神経:集中時に働く(やる気モード)

交感神経は、仕事やスポーツなど、やる気モードの時、または、緊急時やストレス時に働き、心身を活発にする神経です。

具体的には、激しい運動、興奮や緊張時、恐怖や危機を感じているとき、頑張って働いている時に働きます。

ストレスに反応して働くため、仕事や残業、テレビにスマホ、SNSなど、刺激の多い現代社会では常に働いている神経といえます。

副交感神経:リラックス時に働く(お休みモード)
副交感神経は、身体や心を休め回復させる、体のメンテナンスを担う神経です。

交感神経が緊急時に頑張るための神経なのに対し、副交感神経は睡眠時、休息時などリラックスしている時に働きます。

現代人はストレス過多で交感神経を発動させやすいので、副交感神経の働きが低下しやすくなっています。

私、寝るギリギリまで、ベットの中でスマホ触ってるんですが・・・

Aさん

身体は休もうとしているのに、脳は興奮しているので、自律神経の乱れの原因ですよ

加藤

 

 自律神経のバランスが崩れると・・・

これらの、「交感神経」と「副交感神経」はシーソーの様な関係。どちらか一方が働いているときは、もう一方は休んでいます。

現代人はストレス過多で交感神経が働きすぎてしまい、副交感神経の動きが弱くなってしまっています。

腸は「副交感神経」が働くことによって、動いてくれるところ。この2つの神経のバランスが崩れることによって、腸の動きは悪くなります。

 

このトラブルがいわゆる「 自律神経失調症 」と言われる身体と心のトラブルなんです。

 

 腸のコリ チェック方法

現代人が抱える身体と心のトラブルはこの自律神経の乱れによるところが大きいとされています。

自律神経の乱れては、腸がストレスを抱え、血流が悪くなり、硬くなってしまい、腸本来の動きが悪くなってしまっていることから発生してしまっています。

つまり、腸がこってしまっている方は、自律神経が乱れている可能性はとても大きいのです。

さて、あなたの腸はこってはいませんか? その場ですぐできる簡単な腸のコリのチェック方法です。

1  仰向けになります。

2  両膝を立てます。

3  指の3本を使ってお腹を垂直にゆっくり押していきます。

 

押した時に、 指の第一関節以上、お腹がしずみましたか?

加藤

まったく、沈まないんです・・。

Aさん

 

第1関節以上指が沈まない、指が沈むが、違和感(痛み)がある。このどちらかだった方、あなたの腸は硬くなっている状態です。

もし、指が沈まない、もしくは違和感痛みを感じた方は、是非、こちらの記事(お腹のセルフメンテナンス方法5選)を参考にしていただき、日頃から腸のケアに取り組んでくださいね。

日々の意識を少し変えるだけで、腸の環境は変わります。腸の環境が変わることで、身体と心はどんどん変わっていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

メルマガ登録

腸から身体も心も健康になる秘訣をお伝えします!

メールアドレス ※必須
名前(姓)※必須

 はじめての方へ

この記事を書いている人 - WRITER -
加藤仁基
大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。 身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。 2013年7月「Cocokara」OPEN。 1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。 『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 名古屋のチネイザン|腸セラピーサロンCocokara(ココカラ) , 2017 All Rights Reserved.