腸をほぐして、身体も心も健康になってみませんか?

ご新規様限定! お試し価格はコチラ!!

産後の便秘 原因と対策 プロがオススメする便秘解消法 

2017/11/25
加藤仁基
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
加藤仁基
大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。 身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。 2013年7月「Cocokara」OPEN。 1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。 『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、こんにちは。
名古屋の腸専門サロンCocokaraの加藤仁基(ひろき)です。

今回は、産後の便秘について、その原因と対策をお伝えさせていただきます。

授乳中の方は、便秘薬に頼ることもできず、辛い思いをされている方が多いのではないでしょうか?

この記事では、産後の便秘の原因とオススメ解消法をお伝えさせていただきます。産後の便秘にお悩みの方、是非、最後までお付き合いくださいね。

産後の便秘の原因

原因1 運動不足による筋力低下

産後以前に女性は妊娠中から、運動量が低下してまいます。運動量が低下したことによって、筋力が落ちてしまうことで便秘になりやすい身体となってしまいます。

産後は赤ちゃんから目を離すことができないため、しばらくの間は、行動範囲が狭くなってしまい、運動量も低下してしまいがち。

よって、妊娠中から気が付かないうちに、身体から筋力は失われてしまっているのです。

失われた筋肉を取り戻すには、運動により、少しずつ筋力を増やしていくのがオススメです

産後の運動は、基本的には1ヶ月健診時に医師に確認し、問題ないと判断された場合に無理のない範囲で始めましょう。

産後1ヶ月は母体を回復させる産褥期のまっただ中です。この時期は、身体を休ませることに専念しましょう。なかには、悪露が出きっていない人もいて、体は完全に回復しているわけではありません。

産後2~6ヶ月頃が身体が元に戻りやすい時期といわれています。この頃に、産後によって、歪んでしまった骨盤や衰えてしまった筋力を増やすことをオススメします。

こちらでは、便秘に効果的なエクササイズをご提案いたします。

出産を通じて低下しやすい筋肉は腹筋です。弱ったしまった腹筋を鍛えることが産後の便秘の解消法の一つです。

しかしながら、ただ、腹筋を鍛えればいい、というわけではありません。下にある写真のような一般の上体を起こす、腹筋運動は、むしろ腰を痛めてしまう可能性がとても高いので、オススメしません。


この腹筋運動ではなく、より安全で効果的な腹筋エクササイズはドローインです。

ドローインとは、いわゆる腹式呼吸でお腹の膨らみを意識しておこなうエクササイズです。

具体的な方法についてご紹介します。

ドローインの方法

①床に仰向けに寝て、膝を90度に曲げます。

②鼻からゆっくり息を吸い込みます。この時、下腹に空気が入って膨らむようなイメージで吸います。

③口からゆっくり息を吐き出しながら、お腹をへこませます。

※ ドローインは10回1セット1日2セット〜3セットおこないましょう。

※ お腹に力を入れる必要はありませんが、下腹が膨らむイメージを大切にしましょう。

※ 慣れるまでは下腹に手を当てて膨らみを確認しながらおこないましょう。

仰向けでのこのエクササイズに慣れてきたら仕事中や家事の途中でもドローインを取り入れてみましょう。立って行う場合は、息を吐く時に、身体が丸くならないよう注意しましょう。

この運動は、便秘解消だけでなく、ぽっこりお腹や腰痛の予防・解消にもなりますので、産後の方にはとてもオススメのエクササイズです。

ただし、出産後は、育児も同時にしなければいけない忙しい時期でもあるので、決して無理をしないことが大切ですよ。

エクササイズの途中で、身体に違和感を感じた場合は無理をせずエクササイズを中止しましょう。無理をしてしまうと、今後の体調にも悪影響を与えてしまうこともあるので、十分注意しましょう。

どれぐらいのペースでやると良いですか?

Aさん

できたら、1セットを10回として、毎日、2〜3セット行うことをオススメします。

加藤

 

 

原因2:母乳による水分不足

母乳は、母体内の水分から作られています。その結果、母乳のために身体から水分がとられてしまいます。身体から水分が不足されると、腸が硬くなり、便をうながす力が弱くなることで便秘になりやすいのです。

水分不足を解消するためには、奪われた水分を補う必要があります。一般的に、母乳は1日750mLほど作られるといわれています。

日頃から、水分を摂取する習慣のなかった方は、育児に追われることで、更に水分を補給するということを忘れてしまいがちですが、育児によって身体からは水分が失われています。普段よりも、多く水分を摂取することをオススメします。

一般的に、人は、毎日約2.5リットルの水分が身体から排出されています。(※個人差はあります。)

「尿」・・・・・・・・・・約1.5L
「便に含まれる水分」・・・約0.1L
「汗や呼吸」・・・・・・・約0.9L

体内バランスを正常な状態に保つためには、理想の水分摂取量は、約1.5リットル

水分が不足すると、腸は乾いてカチコチに固まってしまいます。日頃からこまめに水分補給をする習慣をつけましょう。

 

珈琲紅茶ではダメですか!?

Aさん

珈琲や紅茶は利尿作用があるカフェインが入っているので、飲んでも飲んでも身体から出ていってしまうんですよ。

加藤

 

まとめ

産後は毎日戦いですからね、自分の身体のことなんでどうしても後回しになっちゃいますね。

Aさん

世の中のお母さんには、ほんと頭が下がる思いです。でも、育児も家事も健康あってですからね。毎日、少しでもよいので取り組んでくださいね。

加藤

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

初回限定セッション

メルマガ登録

この記事を書いている人 - WRITER -
加藤仁基
大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。 身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。 2013年7月「Cocokara」OPEN。 1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。 『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA