腸が変われば、身体が変わる・心が変わる

名古屋の腸専門サロンCocokara/腸セラピーチネイザンで、優しく腸をほぐして身体と心のバランスを整える 今池駅すぐ

体験予約はこちらをクリック

「頑張ります!」が口癖のあなたへ お腹からのSOSに気づいていますか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
加藤仁基
大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。2013年7月「Cocokara」OPEN。1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

「 頑張ります! 」が口癖になっていませんか?

当サロンで身体や心の不調を訴える方の多くに、この言葉が口癖になっている方を大勢みかけます。

そうした方の特徴は、お腹が張っていて、便秘やお腹の張りに悩まされています。

ここで、「頑張る」という言葉をよく見てみましょう。

「頑張る」とは、頑なに張ると書きます。

そう、頑張っている方は、文字通り、身体も心も、頑なに張ってしまっているんですね。

頑張ることが通常モードになってしまっていると、頑なに張ることが当たり前となってしまいます。

こうお伝えすると、

「 私、そんなに頑張っていませんけど、むしろもっと頑張らなくちゃと思うぐらいで、、」

という方もいらっしゃいます。

頭ではそう思っているかもしれませんが、そうした方のお腹はすでに悲鳴をあげています。

一般の方は人のお腹に触れることなどないので、分からないかもしれませんが、

頑張っている方のお腹はパンパンに張ってしまってるんですね。

(※その原因は自律神経の乱れにあります。)

自律神経についてはこちらをご覧ください。

頭よりもお腹のほうが正直です。

自分では頑張っているつもりはない、と思っていたとしても、お腹からはSOSのメッセージを発信しています。

このお腹からのメッセージに気がつかないと、身体や心に不調が現れてきてしまいます。

私も経験がありますが、無視し続けて、頑張り続けてしまうと、いつか、こうなってしまうかもしれませんよ。

もう数年前の話ですが、身体からのSOSを無視し続けて、頑張り続けた先に待っていたのは、鬱でした・・。

毎日、大勢の方のお腹に触れていますが、ストレスを抱えている方の多くは、お腹がパンパンに張っています。

みなさん、便秘でお腹が張っているだけだと思われているかもしれませんが、実はその張りは身体からのメッセージです。

腸セラピーチネイザンは、感情をデトックするする不思議な腸セラピーです。

当サロンは、身体に溜め込んだストレスをデトックスして、その人がいきいきと自分らしく生活できるよう応援をしております。

毎日、頑張っているあなたへ、頑なに張っているお腹をほぐして、気軽な身軽な心を手にしてみませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
加藤仁基
大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。2013年7月「Cocokara」OPEN。1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら