デスクワークの方必見! プロが教える、簡単・肩こり解消ストレッチ!

肩こりに悩むデスクワークの方は、仕事中に姿勢とストレッチを意識することで肩こりは大幅に軽減されます。

肩こりになりやすい姿勢

さて、ここで問題です、人間の頭の重さはどれだけあると思いますか?





正解は!!

人間の頭は男性で約5kg!! 女性で約4kg!!

お米の5kgをイメージしてください。

これだけ重いものが身体の上に乗っています。この重い頭が前に出ると、自然と背中は丸くなってしまいます。首や肩に負担がかかるのは当然ですよね。

例えば、毎日、次のような姿勢でデスクワークをしていたら、肩こりになるために努力しているようなもの・・。

 では、どのような姿勢が良いのでしょうか?

肩こりになりにくい姿勢 

デスクワーク中で肩こりにならないための、姿勢のポイントは次の3つ!!

①顎を後ろに引く(※視線はやや斜め下)
②肩甲骨を後ろに寄せる(※少し胸を張る意識)
③腰を立てる(※腰を丸くしない)

肩こりが辛くて、マッサージ・整体に通う前にこの3つのポイントを意識して仕事をしてみて下さい。この姿勢が習慣化されていくと、次第に肩こりは軽減されていきます。

肩こり解消には「肩甲骨」

肩こりの原因は肩甲骨まわりの筋肉の柔軟性が低下してしまている可能性がとても大きいのです。

「 肩甲骨 」がどこにあるか分かりますか?

下の写真。左に浮き上がって見えるのが肩甲骨です。

デスクワークをされている方、普段から運動不足の方は、この肩甲骨が動きにくくなってしまいます。

この肩甲骨が動きの低下が、首・肩こりの原因になります。そこで、肩甲骨の柔軟性をアップさせる、簡単、エクササイズをご紹介させていただきます。とてもシンプルで効果的です。

肩こり解消のための簡単ストレッチ

①鎖骨あたりに指を添える

②肘を頭の上にかけて垂直に挙げる
※垂直に挙がらない方は無理しないこと。

③肘を後ろに引きながら、下に下ろす。
※肘を後ろに引きながら、の意識が
とても大切です。

④ 繰り返す(5〜10回)



簡単ですが、効果的です。
※実施中に痛み・違和感が出た場合はすぐに中止して下さいね。

デスクワークをされている方は、1時間に1セット(5〜10回)実施することをおススメします。

肩こりは、マッサージ店などでほぐしてもらい、一時的に痛みが軽減されても、日頃の姿勢を正さなければ、またしつこい肩こりに悩まされることになります。

むしろ、強く揉まれれば、揉まれる程、筋肉は硬くなり、肩こりになりやすくなってしまいます。


肩こり解消に必要なのは、日頃の姿勢の意識と簡単なエクササイズです。是非、日頃から、自分の身体と向き合って下さいね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
加藤仁基(KATO HIROKI)

加藤仁基(KATO HIROKI)

大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。 身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。 2013年7月「Cocokara」OPEN。 1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。 『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA