腸をほぐして、身体も心も健康になってみませんか?

ご新規様限定特別価格!!

便秘の原因は、感情の便秘 

2018/04/08
加藤仁基
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
加藤仁基
大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。 身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。 2013年7月「Cocokara」OPEN。 1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。 『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

みなさん、こんにちは。

名古屋市今池駅すぐそば、腸セラピーチネイザン専門サロンCocokaraの加藤仁基(ひろき)です。

さて、今回は、便秘について、腸セラピストの私が皆が知らない便秘の原因について語ります。

科学的根拠があるわけではありませんが、これまで何百人という便秘の方のサポートをしてきた私のセラピストとしての経験から、お伝えさせていただきます。

便秘にお悩みの方は最後までお付き合いくださいね。

便秘とは!?

そもそも、便秘とはどんな状態をさすのでしょうか?

定義はさまざまですが、2017年10月に、日本消化器病学会関連研究会 慢性便秘の診断・治療研究会が作成した『慢性便秘症診療ガイドライン2017』によると、次の通りとなります。

 

「 便秘は本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態 」

また、日本内科学会の定義では、

「 3日以上便が出てない状態 」

いずれにしても、本来体外へ排出されるはずの排泄物(便)が大腸に溜まってしまっている状態ということです。

 

毎日でないと便秘かと思っていました。

Aさん

毎日あるのが理想的かもしれませんが、毎日にこだわる必要はないと思いますよ。大切なのは、お通じの後にまだ残便感があるかどうかだと思います。

加藤

 

女性の天敵である、この便秘。

主な原因としては、運動・食事・睡眠のバランスが崩れている事であるとこれまでお伝えしてきました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

今回は、いままでお伝えしてこなかった、別の原因をお伝えさせていただきます。

もったいぶりますね。。

Aさん

 

感情を溜め込む人

運動・食事・睡眠以外に、私の考える便秘の原因は、感情の溜め込みです。

特に、日頃、言いたいことが言えず、これを言ったら、嫌われないかな、怒らせないかな、不愉快にさせないかな、とついつい考えてしまう人。

そんな人たちは、便秘になりやすいと思います。

感情とお腹が関係するなんて意味が分からないんですけど・・。

Aさん

日本では、古来から、腹と感情を結びつける慣用句がこれだけあります。

加藤

 

 

腹が立つ/腹を立てる,腹が煮える(腸が煮えくりかえる),腹に 据えかねる,腹(の虫)がおさまらない

腹が癒える/腹を癒やす,腹が居る

腹がよじれる・腹(の筋)をよる,腹を抱える

腹に落ちる(腑に落ちる)

腹の内,腹に一物,腹を合わせる,腹を探る,腹を読む, 腹を見抜く,腹を割る,腹を見られる,腹が黒い

腹を固める,腹を決める,腹が据わる,腹ができる,腹を 括る,腹を据える

 

これだけの慣用句があるということは、現代人が忘れてしまっているだけで、昔の人は、お腹と感情とは密接に関わっているところだと日頃の生活の中ですでに知っていたんでしょうね。

いまでしたら、一般的には、心配ごとがあると胃が痛くなるという関係が一番ピンとくるかもしれませんね。

 

 

便秘は感情の便秘


こうした、溜め込んでしまったを感情を吐き出すことなく、ずっと溜め込みっぱなしにしてしまうと、便秘になってしまうと私は考えています。

嫌われるのが怖い、失敗するのが怖い、自分を出すことが怖い、といった理由でいいたいこと、または本当にしたいことを溜め込んでしまっている人は便秘になります。

 

便秘解消に大切なのは、そのように思い込んでしまう、自分と付き合い方(考え方)を手放すことです。

そうした腹に溜め込んだ感情の便秘を手放せば、不思議と肉体的な便秘も解消されていきます

当サロンの提供している腸セラピーチネイザンは、お腹に溜まった感情を解放するセラピーです。

正直、分かるようなわからないような・・・といった感じです。

Aさん

そうだと思いますよ。今回は、便秘は身体的な理由だけでなく、実は自分の内面も影響しているんですよ、とお伝えしたかったんです。今後、詳しくお伝えさえていただきますね。

加藤

慢性的な便秘でお悩みの方、当サロンの腸セラピーで感情を解放してみませんか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

メルマガ登録

この記事を書いている人 - WRITER -
加藤仁基
大学院を卒業後、人の健康を支援したいという思いから医薬品業界に就職するも、ハードワークからヘルニアや鬱を患う。 身体と心の調子を崩し、薬を服用、病院通いをした経験から、 薬や病院からの健康支援に疑問を感じ、セラピストの道へ。 2013年7月「Cocokara」OPEN。 1日限定4名の腸セラピーサロンとして、30~40代の女性のお客様から支持され、ご来店の約8割が「紹介」と口コミで広がるプライベートサロン。 『対症療法ではなく根本療法』を理念として、腸から身体と心の健康をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

初回限定セッション

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA